RSS
Admin
Archives

Spring Green 庭日記

ガーデンリフォーム・ガーデニング・造園・外構・庭木の剪定はSpring Greenにおまかせください!東京埼玉・神奈川・千葉

プロフィール

spring green

Author:spring green
ホームページでは伝えきれない、日々の庭仕事について思ったこと学んだことなど、どんどん書き込んでいきます。

質問、ご意見、どしどしお願いします。

最近の記事
FC2カウンター
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.02
13
今日は朝から冷たい雪が。
その寒い中、サンプルガーデンに鹿威し(シシオドシ)をつくりました。
「鹿威し」、「猪威し」とも書きます。日本庭園によくみられる、竹筒が流水を受け『コーン』と音が鳴る装置のことです。
鹿威しの名は、もともと、田畑を荒らす鹿などを威す為の仕掛けであったことに由来しているようです。
江戸時代の文人・石川丈山がの発明とされており、彼の隠棲先である京都・詩仙堂の鹿威しが元祖とされるています。


今までお客様のお庭で作らせていただく機会がなく、お恥ずかしながら今回初めての経験です。
左の筧から右の竹へと水が注がれます。
水が落ちる場所には砂利を敷き詰め、その下には水がたまるプールがあります。そこからポンプで筧まで水を上げます。
筧→鹿威し本体(?)→プール→筧 この循環です。


水が流れ落ちる瞬間です。
水の重みで初めはゆっくり、竹が傾きだすのがドキドキします。
そして水が全て流れ落ちた瞬間! 「カコーン!」なんとも言えない心地よい音がします。

鹿威しの音聞いてください。→鹿威し

雪が降る中、寒い中、苦労して作った苦労もこの音を聞いた瞬間吹き飛びました。
いいですねー。「和」のものは。

ちなみに一日大体何回くらい音がでるのか計算したところ
・大体15秒に一回のペース
・朝8時にスイッチON 夜19時にスイッチOFF
計算するとなんと!2,640回!/1日
耐久性がとても心配になってきました。
大丈夫かな。


ホームページはこちらから  →Spring Green


造園情報満載はこちらから ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ホームページはこちら!Spring Green

Comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます