FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

Spring Green 庭日記

ガーデンリフォーム・ガーデニング・造園・外構・庭木の剪定はSpring Greenにおまかせください!東京埼玉・神奈川・千葉

プロフィール

spring green

Author:spring green
ホームページでは伝えきれない、日々の庭仕事について思ったこと学んだことなど、どんどん書き込んでいきます。

質問、ご意見、どしどしお願いします。

最近の記事
FC2カウンター
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2008.12
08
今日は毎年剪定にお伺いさせているお宅のお庭の植木に寒肥をあげてきました。

寒肥とはその名の通り、寒い時期の12月から2月くらい(植木が休眠期に入っている時期)にあたえる遅効性の有機肥料のことです。

休眠期に土中で分解させておくことで、春になり成長が活発になる時期にちょうどよい具合に効きはじめ、効果が持続するので、
芽吹きや葉の茂りに大きく影響します。



写真のように木の枝先から真下におろした辺りにスコップで深さ20cmくらいの穴を掘り、1本の木に対して3~4か所肥料を施します。

穴を掘る際に太い根を切る作業もこの時期には逆に植物には大切なことです。
太くなった根は養分や水分を吸収する能力が劣ってきます。太い根を切って春に新しい根を出させることによって、よりたくさんの養分や水分を
吸収させることができます。


この寒肥の作業をするかしないかで植物の1年の成長にかなりの差ができます。

寒い時期で地味な作業ですが、植物に大切な作業です。
かわいい植物のためにぜひ!


ホームページはこちらから  Spring Green
スポンサーサイト



ホームページはこちら!Spring Green

Comment

非公開コメント