RSS
Admin
Archives

Spring Green 庭日記

ガーデンリフォーム・ガーデニング・造園・外構・庭木の剪定はSpring Greenにおまかせください!東京埼玉・神奈川・千葉

プロフィール

spring green

Author:spring green
ホームページでは伝えきれない、日々の庭仕事について思ったこと学んだことなど、どんどん書き込んでいきます。

質問、ご意見、どしどしお願いします。

最近の記事
FC2カウンター
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページはこちら!Spring Green
2012.12
11
Category : ツリーハウス
この前の週末の土曜、日曜と第三回目のツリーハウスビルダー養成講座に行ってきました。
日本においてツリーハウスの第一人者である小林崇さん主催の講座です。

10月から8ヶ月間、毎月千葉県富津市金谷で1泊2日の講習です。
参加者は20人くらいでこの8回の講習で一棟ツリーハウスを作り上げる予定です。

今回は三回目。
一回目、二回目は樹上での作業の基礎となるツリークライミングの技術を習いました。
今回はいよいよツリーハウスの制作にはいります。

241208-5.jpg
この木、スダジイがホストツリー(ツリーハウスを設置する木)となります。
横に這わせた垂木の位置がツリーハウスの床部分になる予定です。
講習ということで本来のツリーハウスよりは低い部分での設置となります。

241208-2.jpg
GLボルトといるボルトの穴を木に空けています。
ツリーハウスの基礎の支えとなるボルトです。

241208-3.jpg
穴空け後です。
木に穴を空けるのは痛々しいですが、木の構造的にこれが最も木に負担のかからない手法みたいです。

241208-4.jpg
GLボルトを木に打ち込んでいます。
打ち込んだ後、傷口には私達も使用する保護材を塗ります。
数年すればボルトを飲み込むように傷口がふさがります。
ボルトについているプレートに根太を取り付けます。
木の生長、風などの揺れに対応できるように可動式になっています。

今回の作業はここまででした。
2日間の内、1日は作業でもう1日は座学です。
今回の座学は樹木の構造。
座学の後半は鋸山へのプチトレッキングです。
山を登りながら樹木医制度の父と言われる堀大才先生の講義を聞きました。
恥ずかしながら、植木屋をしていても全く知らない知識をたくさん教えていただき、とても勉強になりました。


241208-1.jpg
鋸山、石切り場の写真です。
明治時代から住宅などの材料として石を切り出していた現場です。
今は使われていませんがとても壮大な景色です。

来月の講習がとても楽しみです。
スポンサーサイト
ホームページはこちら!Spring Green

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。